外因死である交通事故死を防ぐ法制度とてんかん
科学的究明と実情周知により、誰もが生きやすい社会を

痛ましい交通事故死。誰もが、その撲滅を願う。一方、モータリゼーションは進み「自動車の運転」はごく身近なものとなった。社会から人を排除しない交通安全とはどのようなものか。日本てんかん協会副会長久保田英幹氏にお話を伺った。